ブログ

Blog

骨盤と歪みについて

目次

骨盤はどうして歪むの?

「骨盤が歪んでると思って」と当サロンにお越しになるお客様は多いです。腰痛などの症状が出ると、骨盤が歪んでいるせいかも?と考える方は多いですね。そう、骨盤が歪むと様々な症状や悩みが起こってきます。では、骨盤はなぜ歪むのでしょうか?

骨盤は1つの骨でできているわけではない

骨盤は複数の骨で構成されています。真ん中にある仙骨と、そこにくっついている腸骨のつなぎ目である関節(仙腸関節)が歪むことを、「骨盤が歪む」と言います。
関節なので、身体を動かせば動きますよね。だから歪みやすい部分になるのです。

また、女性の場合は生理周期により骨盤が緩んだりもしますし、妊娠や出産で骨盤が大きく広がったり歪んだりという負担も大きくなります。

日常生活のクセで骨盤は歪む

では分かりやすい、歪みに繋がる動きについてお話します。
普段、足を組むことは多いですか?
横座りはしますか?
片足に重心をかけて立ちますか?
その時に組む足、横に出す方向(右か左)、重心をかける足はいつも決まっていませんか?
また、反対の足を組む、反対側に足を出す、反対の足に重心をかけた時に、違和感ややりにくさを感じませんか?

感じたとしたら、そのクセの状態に骨盤が歪んでしまっているということです。
骨盤の左右の高さが違っている場合が多いです。

他にも、日常生活の中で長時間している姿勢や動きによってクセができて、
猫背や反り腰で骨盤が前に倒れてしまったり後ろに倒れてしまったりもします。

自分でできる歪みチェック!

今の自分の骨盤は歪んでいるのかな?と気になっている方も多いですよね?
ここでは簡単に自分でできる歪みチェックを2つ紹介します!

①自分の肩の高さを見る
 鏡の前にリラックスして立ち、左右の肩の高さが同じかどうかをチェックします。
普段は顔を見るだけの方も多いと思うので、よく見てみると高さが違っていることが多いですよ。
骨盤の歪みがあると肩の高さも違ってきます。

②壁に背を向けて立つ
 足は90度位開いて、カカト同士をつけて立つ。カカト、ふくらはぎ、お尻、肩甲骨、後頭部を壁につける。
壁につかない部位があったり、ついても立ちにくい、キープしにくければ骨盤が前または後ろに倒れているということになります。
 

歪みは整えられます!!

歪みチェックはいかがだったでしょうか?
歪んでいることはわかっても、じゃあどう歪んでいるかはあまり分からないと思います。歪みは1人1人違います。
歪み方によって痛みがでたり、不調、お悩みも変わってきますので、一度自分のからだにしっかりと向き合っていただくことをおすすめします♪

カイロサロンてってでは、歪みのチェックはもちろん、身体に合わせた施術とホームケア指導で歪みにくい身体づくりのお手伝いをさせていただきます(^^)V
はじめてはお試し感覚でお気軽にお越しくださいね♪

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ