ブログ

Blog

妊娠、出産、産後と歪み

女性にとって1大イベントである出産は、幸せな反面、身体にとても負担がかかります。妊娠・出産・産後で身体はどんな風に変化するのでしょうか?歪みと痛みなどについてお話します。

目次

妊娠~産後で骨盤は広がり歪みます

骨盤は日常生活のクセで歪みます。
男性と女性ではどちらが歪みやすいかといえば、女性です。女性は毎月の生理で骨盤が開いたり閉じたりするからです。
また、出産時には大きく広がって赤ちゃんを出産します。産後にそのままにしておくと様々な症状が出る原因になります。
なので産後ケアはとても重要です。

妊娠→出産までの骨盤と姿勢

妊娠すると、初期から出産に向けて骨盤周りの靭帯が緩んできます。
骨盤は身体の中心部分にある土台の役割をしているので、靭帯が緩んで骨盤が不安定になると姿勢も保ちにくくなります。
そんな状態でどんどんお腹が大きくなっていくので、お腹を突き出したりガニ股で歩くことで姿勢が悪くなり、腰痛や肩こり、股関節痛・膝痛などの痛みが出やすくなります。
また、出産時は通常分娩の場合は骨盤を大きく広げて赤ちゃんを出産しますし、分娩台から降りるときに大きく歪むとも言われています。

産後の骨盤と姿勢

産後1ヶ月位は身体を休める期間ですが、それでも授乳や抱っこはしなければならないですし、どうしても背中を丸める猫背の姿勢になりがちです。出産時に広がった骨盤は半年ほどかけて戻っていきますが、出産時の歪みや、産後の抱っこなどでできたクセによって正しい状態には戻りにくい方がほとんどだと思います。
産後の猫背の姿勢で、肩こり・首の痛み、頭痛・腰痛などの症状を訴える方が多いです。

育児中のチェックポイント!!

・片手で抱っこする時に、お子さんを片方の腰に乗せていませんか?
・抱っこしている時に腰を突き出したり、腰に乗せるようにしていませんか?
・今も骨盤ベルトなどで骨盤をしめていますか?

産後1~2カ月位は骨盤を気にして骨盤ベルトをしていらっしゃる方が多いですが、実はそれ以降も骨盤が歪みやすい生活は続きます。
赤ちゃんの首が座って、片腕で抱っこすることが増えると、腕の力だけだと重たいので骨盤に乗せるようにして抱っこします。この体勢で骨盤はすごく歪んでしまいます。
両手で抱っこする場合でも、体重が重たくなってくるので腰を突き出した体勢や腰に乗せるような体勢になることで猫背や反り腰になってしまいます。

なので、少しでも骨盤を歪みにくくするために、抱っこしている間は骨盤を締めるようにしてくださいね!

体型の変化にも要注意です!

姿勢もですが、産後から体型の崩れに悩む方も多いです。
姿勢が悪くなることで、筋肉がうまく使われなくなり、
・ぽっこりお腹
・二の腕ぷるぷる
・胸が垂れる
・お尻が下がる
・下半身太り
・二重あご
・背中のぜい肉
などが気になるようになります。
正しい姿勢を保てるようにケアすることや、衰えた腹筋などを鍛えていく(産後すぐはNG)のが大事になってきます。

産後は身体を整える絶好のチャンスです!

妊娠から産後までの期間は、骨盤が歪みやすい期間です。
ですが、骨盤が安定していない期間だからこそ、歪みを整えやすい時でもあります。
なので、産後はなるべく早めに(1ヶ月検診で問題がなければ)骨盤ケアをされることをおススメします。

リラックスもできる施術で骨盤はもちろん全身を整えますし、歪みを整えられる骨盤体操の他、様々なアドバイスを身体の状態に合わせてお伝えしていきます♪
是非お子さんと一緒にお越し下さい(^^)

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ