ブログ

Blog

歪みとカルシウム

歪みを整えるには、骨盤や背骨の歪みを整えるのも大事ですが、骨や筋肉、関節の質を上げることも同じくらい大切です。歪みにくい体づくりに必要な栄養であるカルシウムについてお話します。

目次

歪みは施術だけではなおらない?

歪みは日常生活の癖からおこります。横座りや足を組むなどの癖で骨盤が歪み、背骨が歪みます。歪みによって姿勢が崩れ、筋肉のバランスが崩れ、うまく筋肉を使えなくなって血流が悪くなり痛みが出ます。
歪みを整えるには、骨盤や背骨の歪みを整える(施術)ことも必要ですが、いくら施術を受けても、日常の癖が無くなったわけではないので、また歪んでしまいます。
そこで当サロンでは、施術の他にも生活習慣の見直し
・栄養指導
・運動指導
・睡眠指導
をさせていただいています。

施術で歪みを整えても、骨がスカスカだったり筋肉がうまく伸び縮みしなかったり、関節の動きが悪ければ、施術も全く意味のないものになってしまいます。
骨や筋肉、関節に必要な栄養とは何でしょうか?

カルシウムって大事です!

カルシウムは、骨や歯の材料で丈夫な骨にするのに不可欠な栄養です。
小さい頃からカルシウムは大事!と言われてきた方も多いのではないでしょうか?
カルシウムは、骨や歯の材料となる他にも、実はいろいろな働きをしていて人体に欠かせないものなんです。
歪みに関わる働きとしては、『筋肉を収縮させる』働きがあります。カルシウムが不足すると、筋肉がうまく収縮できずにコリや張りがなかなかとれない状態になってしまいます。
また、筋肉を作る信号を出す働きもしています。正しい姿勢をキープするには筋肉もある程度は必要なので、筋肉量を増やすのも大切です。

カルシウム不足度セルフチェック!

カルシウムが不足していないかチェックしてみましょう!

○疲れやすい
○外食やインスタント食品をよく食べる
○甘いものが好き
○飲酒・喫煙をよくする
○ダイエット中だ
○日に当たらない、ほとんど外出しない
○運動をあまりしない
○イライラする
○ちょっとしたことで骨折したことがある
○妊娠・授乳中だ
○閉経した
○頭痛・肩こりがある
○足がよくつる・まぶたがピクピクする
○血圧が高い
○足腰や関節が痛む

当てはまった数が
3個以上・・・カルシウム不足の可能性がある
6個以上・・・慢性的なカルシウム不足の可能性が高い
 
当てはまる項目が多い方はカルシウムを積極的にとりましょうね!!

カルシウムの摂取方法

カルシウムといえば牛乳!というイメージですが、一日に必要なカルシウム量を牛乳で摂取するのは難しいです。
20〜30代の人が一日に必要とされる摂取量は、
女性・・・600〜700mg
男性・・・800〜900mg
といわれています。

牛乳はコップ一杯200mlあたり227mgのカルシウムが含まれていますが、体に吸収される吸収率は40%ですので、約91mg。必要摂取量を牛乳で補おうとすると1.3リットル以上のまないといけなくなります。
そんなに飲んだら、お腹を壊しそうですし、脂肪分も多いため、体重増加のリスクもありますよね。しかも、カルシウムは毎日排出されてしまうので毎日1.3リットル飲まないといけないのは辛いですね。

カルシウムの吸収率が一番高いのが乳製品なので、他の食品(小魚など)はもっと食べないと補えません。

効率よく摂取するには、サプリメントで補っていくのが一番ではないでしょうか?

質のいいカルシウムを摂りましょう♪

カルシウムのサプリメントは、安いものから高いものまで沢山売っていますよね。
サプリメントに使われているカルシウムの成分も様々です。体にしっかり吸収されるものもありますし、効果が感じられないものもあると思います。
何を選べばいいかわからないという方に、どんなサプリメントが安全で効率よくカルシウムが摂取できるのかについてもお話させていただいていますし、カルシウムをしっかり摂取すると体が変わる体験もできますので、カルシウムが不足していると感じている方は是非一度お越しくださいね(^^)

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ