ブログ

Blog

O脚を解消するには?

O脚やX脚が気になっている方は多いですね。見た目もですが、膝の痛みなどに繋がる場合もあるO脚。原因と解消法についてお話していきます。

目次

O脚とは?

O脚は、直立した時に膝が閉じず、脚のラインが曲がっている状態のことです。
O脚の定義は「両膝が外側に湾曲し、左右の内くるぶしを揃えた時にひざの打合が接しない状態」となっています。
また、直立からひざを曲げた時に、両膝が外側に向くのもO脚の特徴です。

O脚の原因

O脚の原因は、
①筋力不足・・・太ももの内側にある「内転筋」が弱くなることで、両膝を閉じてキープするのが難しくなります。また、内転筋は、太ももの外側にある外転筋とともに骨盤を支える役割があるため、筋力が低下すると骨盤が歪みやすくなり、O脚の原因となります。

②骨盤の歪み・・・O脚は、骨盤が後傾することで股関節が外側を向き、膝も外側を向くことでおこりやすくなります。

③歩き方、座り方・・・普段の歩き方がガニ股だと、膝が開きやすくなります。
また、横座りや脚を組む、背もたれに寄りかかって座るなどの座り方もO脚に繋がります。

④生まれつき

O脚になると...

O脚になると、歩く時に太ももやふくらはぎの外側の筋肉ばかり使ってしまうので、外側ばかり鍛えて硬くなり、脚が太く見えてしまいます。
外側は鍛えすぎてしまって、反対に内側の筋肉はあまり使われなくなるので外側と内側の筋肉のバランスが崩れて脚が歪んでしまいます。

また、内側の筋肉は衰えてしまうので、内ももに脂肪がつきやすく、ぷよぷよしてしまいます。


ほかにも、膝が外側を向いて、体重が不自然に膝にかかってしまうので膝が痛くなってしまいます。
私自身、妊娠中に膝が痛くなったことがありますが、お腹が大きくなってきてガニ股で歩くことが多くなったために膝に負担がかかっていたんですね。膝痛はお年寄りだけのものではなく、姿勢や歩き方が悪いと誰でも起こり得ることなのです。

O脚解消法!

O脚は、普段の歩き方などが原因なので、原因となる歩き方や座り方を見直したり、使いすぎて硬くなった筋肉をストレッチしたり、筋力をつけることで改善していけます。

正しい歩き方・座り方

・正しい歩き方→・背筋を伸ばす
        ・重心は気持ち前に
        ・つま先を正面に向ける
        ・踏み出す足を1〜2センチ高く上げる意識
        ・足裏全体で着地
        ・膝は伸ばしきらず、遊びをもたせる

・正しい座り方→・椅子に深く腰掛ける
        ・お尻を中心に寄せて座る
        ・座面に対して骨盤を垂直に立てる
        ・太ももは床と平行にする
        ・へその下辺りに自然と力が入る姿勢をとる
        ・かかとは床につける
        ・両ひざはつける
※床に座る場合は、正座か長座、あぐらがおすすめです。骨盤を立てて座ることが大事なので、坐骨(お尻と太ももの間くらいを触るとある骨)を正座の場合はかかとの上にくるようにのせるイメージ。長座やあぐらでは床に当たる感じで座ると骨盤を立てて座ることができます。

ストレッチ・筋トレ

・外側の筋肉をストレッチ
      →・床にすわり、伸ばしたい足の膝を曲げ、かかとをおしりに寄せる。
       ・もう片方の足はまっすぐ伸ばす。
       ・上半身を後ろに倒し膝下の足を外側に開く
       ・体を横にひねって少し斜めを向き15秒キープ。
       ※左右1セット×3セットが目安

・内転筋を鍛える→椅子に座り、膝の間にクッションや軟らかいボールを挟んで両膝で押しつぶすように力を入れる。3秒潰す×10回を3セットが目安。

毎日コツコツ続けることが大事です。

やっぱり骨盤も重要です。

ガニ股で歩く原因には骨盤の歪みも関係しています。また、骨盤が歪んでいることによる猫背もO脚につながる大きな原因ですので、やはり骨盤の歪みを整えることが重要になってきます。

カイロプラクティックでは、骨盤や背骨の歪みを整える施術をおこなっていますし、日常生活で歪みにくい体作りのための指導もしていますので、そういったものをじょうずに取り入れていくといいのではないでしょうか。

スラリとした足に♪

いかがでしたか?O脚が長く続くほど、改善するのが難しくなってきますので気になっている方は早めに改善を考えていただきたいですね。O脚を改善していくと、姿勢が変わったりスタイルも良くなったりというメリットもついてきますので、ぜひ取り組んでみれはいかがでしょうか(^^)

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ