ブログ

Blog

キレイな姿勢と体型

体重が同じでも、姿勢や筋肉の付き具合で太って見えたり痩せて見えたりします。見た目で印象は変わるので、美姿勢・美スタイルのするにはどうしたらいいのかお話します。

目次

姿勢で体型は変わります!

今現在のあなたの姿勢はどんな状態でしょうか?
背筋が伸びて、キレイな姿勢ですか?それとも背中が丸まっていて猫背気味ですか?
ダイエットや、スラッとした体型を目指している方は、そのためにはどうしたらいいか考えて、食事を減らしたり運動したりすると思います。ですが、それだけだと思うように理想の体型になれなかったりしないでしょうか?
それは、なりたくてもなれないような体の状態になっているからなんです。

歪んだ姿勢

体に歪みがあると、姿勢も歪んでしまいます。
よくあるのが、猫背の姿勢の場合は、本来つかわれるはずの筋肉が使われなくなり、
・二重あご
・胸が下がる
・ポッコリお腹
・下半身太り
・むくみ
・背中のもたつき

が起こりやすくなります。
また、代謝が落ちるので痩せにくい体になってしまいます。

歪みがある=骨格が歪んでいる=骨格にくっついている筋肉も歪んでいる(正しく動かせない)ので、いくら頑張って運動しても、きれいに筋肉をつけることができず、ついてほしくない筋肉がついてしまったりします。

まずは歪みを整えることが大事!

ダイエットや体作りをしていくときは、まず最初に体の歪みを整えて、姿勢を正しくすることが必要になってきます。
体の土台である骨盤は、日常の動作の癖によって歪んで定着してしまうので、正しい状態を覚えさせてあげましょう。そのためには、一度正しい状態を作らないといけないので、施術をうけてみるといいですね。また、自分で正しい状態がどんな感じなのかを知ることも必要なので、体について勉強するという意味でもおすすめです。

パーツの状態に合わせた方法が必要です

体の歪みを整えたら、その後は何をしたら効果的なのでしょうか?

たとえば、ふくらはぎが太いから細くしたいときは、筋トレしても細くなるとは限りません。むしろ、鍛えることでもっと太くなってしまうかもしれません。
ふくらはぎを使いすぎている場合は、筋肉が収縮してしまっているので、ストレッチして伸ばしてあげるほうがスッキリ細くなるかもしれませんし、むくみや冷えが酷くて太くなっている場合だと、湯船に浸かって温めてからマッサージすると細くすることができるなど、どうして太くなっているかの原因を知ってから正しいことをしていかないと意味がありません。

猫背だから、太ももを細くするときはこれが必要。などの知識を知ってからトレーニングなどを行いましょう♪わからない時は、プロの人に相談するといいですね!

インナーマッスルを鍛える

骨格の歪みを整えても、筋肉が完全にリセットさせた状態になるかというと、いままで歪んでいたせいで、筋肉が衰えてしまっている場合があるので、特に身体の中心に近い体幹筋(インナーマッスル)を鍛えてあげることが大事です。
インナーマッスルを鍛えてあげたほうが、姿勢を保ちやすいですし、ぽっこりお腹などはインナーマッスルを鍛えることでスッキリしやすくなります。

整えてからが効率的です♪

いかがでしょうか?キレイな姿勢やスタイルのために必要なことがおわかりいただけたでしょうか。
歪みを整えてから、なりたい体型になるための方法を行うことが効率的です。
方法については、食事や運動、睡眠などの質をあげることが大切です。よくわからない時は、生活習慣についてはもちろん、体幹を鍛えるトレーニングなどのメニューもありますので、なんでもご相談くださいね(^^)

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ