ブログ

Blog

むくみ、気になってませんか?

女性でむくみが気になる方は多いのではないでしょうか?なんとなくは知っているけど、詳しいことは知らない・・・という方もいらっしゃると思います。そんなむくみについてお話します。

目次

「むくみ」って何?

長時間立ちっぱなしだったり、座りっぱなしだったりすると、特にふくらはぎのむくみが気になることがあります。なんとなく、リンパの流れが悪くなるせいと考えている方もいらっしゃると思います。
どうしてむくむのか、原因、改善方法について見ていきましょう。

むくみが起こるのはなぜ?

まず、人間の体は60%が水分で構成されています。40%は細胞内(細胞内液)、20%は細胞外(細胞外液)にあります。むくみに関わってくるのは細胞外液になります。

通常、細胞外液は、血液(血漿やリンパ液)が5%、細胞と細胞の間にある水分(組織間液)が15%の割合で成り立っています。これらの水分は毛細血管を通じて行き来して、細胞に栄養を届けたり、老廃物を除去したりしていますが、通常は体内の水分のバランスは維持されています。しかし、そのバランスが崩れて組織と細胞の間に余分な水分が溜まるとむくみが発生するのです。

むくみを感じやすいのが足ですが、なぜ足がむくみやすいのかというと、心臓よりも下にある部分は、重力に逆らって戻らないといけないので、ふくらはぎのポンプ機能(伸縮)が足りないと、戻す力が弱くなって足のむくみにつながるからなんです。

むくみの原因は?

体内の水分バランスが崩れるとむくみが起こりますが、どんなときに起こるかというと、
・長時間同じ姿勢
→血流が悪くなるため

・筋力低下
→筋肉の伸縮による血流が少なくなるなどのため
 ※元々の筋肉量の違いで、男性よりも女性の方がむくみやすい。

・過度なダイエット
→筋力低下や栄養不足になるため

・塩分や糖分の摂りすぎ
→水分を溜め込みやすいため

・ビタミン、ミネラル、タンパク質不足
→水分代謝や塩分排出に必要な栄養素が含まれているため

・体温調節不足(自律神経の乱れ)
→発汗作用が鈍くなり、水分排出ができにくくなる。

・冷え
→血流が悪くなるため

・女性特有(ホルモン)
→生理や妊娠・出産などでのホルモンバランスの関係

です。これらの原因から起こるむくみは一過性のもので、慢性の浮腫の場合は、病的なもの(術後のむくみ、エコノミー症候群など)になります。

むくみ対策!

では、自分でできるむくみ対策を見ていきましょう。
①適度な運動
→全身の血流を良くするために、適度な運動をしましょう。デスクワークや立ち仕事の方は、休憩時間に屈伸するなど、こまめに足を動かすだけでも!
普段も短時間でもいいので散歩したりできるといいですね♪

②マッサージやストレッチ
→血流改善やリンパの流れを良くするためにマッサージをしたり、ストレッチしましょう。

③食事を気をつける
→塩分の排出を促したり水分代謝を良くするカリウムやビタミンEを多く含む、
バナナ、りんご、アボカド、キウイ、小松菜、ほうれん草、アーモンド、ピーナッツなどを積極的に摂るといいですよ!他にも、ビタミンやミネラル、タンパク質をバランスよく摂れる食事を心がけてください。

④充分な睡眠をとる
→自律神経を整えることで体温調節などができるようになるので、質のいい充分な睡眠をとりましょう。冷えの改善にも必要です。

⑤弾性ストッキングを履く
→適度な圧をかけて、ふくらはぎのポンプ機能を高めることでむくみにくくすることができます。圧が強すぎるものは避けましょう。

身体の歪みを整えることも!

むくみの原因である冷えや血流不足は、身体の歪みからも起こります。歪みが起こって姿勢のバランスが崩れると、筋肉のバランスも崩れて使われにくくなる筋肉が出てくるため、血行不良に繋がります。
また、姿勢が崩れると神経の通りが悪くなるため、自律神経の乱れにも繋がります。
ですので、上記の対策に加えて、身体の歪みを整えることでむくみを改善しやすくなるのでぜひ自分の身体の歪みにも目を向けていただきたいと思います。
また、筋力を上げる体操やトレーニングについてもお伝えしていますし、栄養バランスや睡眠などのアドバイスも行っています♪

むくみを解消してスッキリしましょう♪

いかがでしたでしょうか?
むくみは、見た目やダル重さなども気になりますが、放って置くと、下肢静脈瘤などの病気に繋がる場合もあります。むくみにくくするための対策もありますので、できることから始めていきましょう!

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ