ブログ

Blog

免疫力を高めましょう

ウイルスや最近から体を守る「免疫」ですが、自分で気を気をつけるだけでも免疫力をアップさせることができます。どうしたら免疫力をアップできるのか、何が大切かをお話します。

目次

免疫ってなに?

免疫とは、「疫(えき)から免れる(まぬがれる)」、つまり「伝染病」などから逃れるということを意味する言葉です。
例えば、一度「はしか」などの伝染病にかかったほとんどの人はその伝染病にかからなくなります。これを「免疫ができた」と言います。
この免疫システムは、体の中に侵入した細菌やウイルスなどを異物(自分以外のもの)として攻撃することで、自分の体を正常に保つという働きをします。

免疫には、自然免疫と獲得免疫があります。
・自然免疫...生まれつき人間の体に備わっている免疫で、細菌やウイルスなどの異物を食べて除去する食細胞を中心に構成されています。

・獲得免疫...感染した病原菌を記憶し、再度遭遇したときに効果的に排除できるようになる仕組み。

獲得免疫は、一度病気にかかったり予防接種などで得られる免疫ですので、伝染病の流行などによって必要となれば病気にかかる前に抗体を作るために予防接種などで獲得しますが、自然免疫は体に元々備わっているものなので、いつ細菌などが体内に入ってきても対応できるように免疫力を上げておくことが必要です。

現代社会では、免疫力を下げてしまう要因がたくさんあります。免疫が低下してしまう要因についても見ていきましょう。

免疫力が下がる原因

免疫力が下がってしまう原因には次のようなことが挙げられます。

・加齢...加齢により骨髄や胸腺(免疫細胞を作り出す部分)が萎縮したり、血流が悪化することで免疫細胞の数が減少したり、免疫細胞が体を循環しにくくなる。

・自律神経の乱れ...交感神経と副交感神経のバランスが崩れると免疫に関係する細胞に悪影響が出る。

・栄養不足...体に必要な栄養が不足すると、免疫機能が正常に反応しなくなり、異物が体内に入ってきても免疫細胞が機能しなくなる。

・ストレス...ストレスが過度になると、脳からのストレスに反応して白血球中のリンパ球や細胞の働きを低下させ、外部からの侵入に対処しにくくなる。

・睡眠不足...メラトニンが充分に分泌されなくなる。メラトニンは免疫力を上げる機能と、強い抗酸化特性を持っている。ストレスからの免疫力低下を抑え、感染症への抵抗力を高める作用がある。

・飲酒...お酒を飲みすぎると、肝臓がアルコールを分解しきれなくなり、肝機能が低下する。

・喫煙...タバコの有害物質によって免疫力が低下。タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があり、免疫細胞が循環しにくくなる。

・疲労...循環機能が鈍くなり、免疫細胞が体を巡りにくくなったり、外部からの有害物質の侵入を防ぐ機能が働きにくくなる。

・腸内環境の悪化...免疫細胞の約7割が腸の中に存在するため、腸内環境が悪化することで口から入ってきた細菌などに対応することができなくなる。

・体のゆがみ...骨盤や背骨がゆがむことで神経の通りやリンパの流れが悪くなり、体が正常に機能できなくなって免疫力低下する。


免疫力低下の原因は、誰でも少なくても1つは当てはまりそうなことばかりですよね。
そして、気をつければ解消できそうなこともたくさんあります。
次に、免疫力を上げるために必要なことをお伝えします。

免疫力をアップさせるには?

免疫力が下がる原因がわかったところで、免疫力を上げるためにしていきたいことを見ていきましょう。
大きくわけると、

①生活習慣の改善
②腸内環境を整える
③体の歪みを整える

の3つになりますので、1つ1つ見ていきましょう。

①生活習慣の改善

人間は、生きていくうえで「食べる」「動く」「寝る」ことしかしていません。みんな生きるために必要なことは同じなのに、免疫力はもとより健康には個人差があります。それは、仕事や環境などに個人差があるからなのです。毎日朝早くから夜遅くまで働いている人は、規則正しく好きなことだけをしている人に比べたらストレスは高いとおもいます。
好き嫌いが多い人は、他の人に比べて栄養状態が良くないかもしれませんし、100人いれば100通りの生活習慣で出来上がった体になっています。
ですが、免疫力を上げるために必要なことは、どんな人でも必要なことなので、自分ができていないところを改善していけばいいのです。そしてそれは、免疫力だけでなく、健康のためにも必要なことなので、ぜひ生活に取り入れてみてくださいね!


・食べる(栄養)...現代社会では、様々な食物があり、メニューも選び放題なので、好きなものだけを食べることも可能です。また、気をつけて野菜を食べていても、昔の野菜より栄養価が低かったりして、1日に必要な栄養が取れていなかったり、栄養バランスが悪かったりします。
毎日の食べるものを気をつけるのはもちろん大切ですが、不足している栄養素を効率よく摂るためには、サプリメントで補うのもいいですね。
免疫力を上げるためには、亜鉛やビタミン類、タンパク質を積極的に摂りましょう。


・動く...今の世の中の状況もあって、運動不足という方は多いです。運動不足になると、筋肉量が減って血流が悪くなり、疲労が取れなかったり、睡眠の質にも影響してきます。また、軽い運動をすることでストレス発散にもなるので、毎日短時間でも散歩してみたり、家の中でできる簡単な体操などを取り入れましょう。

・寝る(睡眠の質)...睡眠の時間が短かったり、睡眠環境が悪いと、疲労回復のためのホルモンが分泌されにくくなります。睡眠不足から自律神経が乱れたりストレス緩和できなくなるので、質のいい眠りができるような環境(室内、照明、温度、寝具など)を整えて充分な睡眠をとりましょう。

②腸内環境を整える

免疫細胞の約7割が小腸に存在しているので、やはり免疫力を高めるためには腸内環境を整えることが必要不可欠です。腸の中には、
・善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)・・・20%
・悪玉菌(大腸菌など)・・・10%
・日和見菌(善玉でも悪玉でもない菌)・・・70%
の三種類の菌があり、上記の割合で存在している状態が腸内環境が良い状態です。

ですが、50歳を過ぎると腸の働きが悪くなって善玉菌が減り、悪玉菌が増えてしまいます。
また、若くても、食生活やストレス、冷え、運動不足、体内バランスの乱れなどによって腸内環境が悪い人が多いです。

腸内環境を整えるには、1番大切なのは食生活なので、善玉菌を増やすような発酵食品や食物繊維、オリゴ糖などを積極的に摂るといいですね。
もちろん、ストレス緩和などの原因を改善していくことも必要です。なので、やはり免疫にも腸にも生活習慣の改善は不可欠なのです。

③体の歪みを整える

骨盤や背骨が歪むことで体のあらゆる機能が正常に働かなくなるので、体の歪みを整えることも必要です。
歪みの始まりは、体の土台である骨盤の歪みからですが、骨盤がゆがむ原因は日常の癖です。自分の体の歪みや姿勢がどういう状態になっているかを知り、歪みを整えていきますが、施術だけでは正しい状態をキープすることは難しいです。なので、施術で整える以外に、自分で歪みを整えられる体操をしたり、体を整えるために必要な栄養を補うこと、歪みを整えられる睡眠環境を作ることで正しい状態をキープしたり、歪みにくい体づくりをしていくことも大事です。

当サロンは、骨盤や背骨の歪みを整える施術の他に、生活習慣改善のためのアドバイス(骨盤体操のやり方や必要な栄養素、睡眠環境など)も行っていますので、自分でも体を整えていけますよ!

生活を見直して免疫力を上げましょう!

いかがだったでしょうか?
免疫力を上げるには、生活習慣の改善や腸内環境、体の歪みを整えることが必要ですが、3つとも生活習慣が大きく関わってきました。つまり、人間が健康な状態ではなくなる時は、生活習慣が乱れているときということなので、1度自身の生活習慣が正しい状態かどうかを見直してみるといいと思います。
免疫力アップしたくて生活習慣を整えることは、結果的に健康につながるので一石二鳥以上のメリットがあると思います♪
自分の体の状態や、もっと免疫や生活習慣、健康について知りたい方は、ぜひ一度当サロンに起こしください(^^)

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ