ブログ

Blog

産後のおなかのたるみ、どうしたらいいの?

産後は、赤ちゃんがお腹にいる間に伸びたおなかのたるみが気になる方が多いです。自然に元通りになる方もいますが、戻らない方も…。そんな産後のおなかのたるみについて見ていきましょう。

目次

産後のおなかのたるみは戻る?

産後すぐは、妊娠中に大きくなったお腹がぺたんこになっても、皮がたるんだようになっています。これは、妊娠で大きくなったお腹の皮膚や腹筋が伸びているためです。数カ月間かけて伸ばされていった皮膚は、赤ちゃんを産んだからといって急には戻りません。また、産後にお腹がぽっこりしていると感じるのは、子宮が大きくなっているからです。子宮は産後2〜3ヶ月かけて戻っていくので、ぽっこりしているからといって、産後すぐに腹筋などをしようと思わないでくださいね!

腹筋も伸びている?

妊娠後期には、腹筋も引き伸ばされます。左右の腹筋(腹直筋)の間にある「白線」が横に引き伸ばされて、腹筋が左右に割れた状態になります。これを『腹直筋離開ふくちょくきんりかい』といいます。これは産後数ヶ月かけて元に戻りますが、白線は恥骨結合につながっているので、骨盤が開いたままだと戻らない場合もあります。
産後に腹筋運動ができないのは、腹直筋離開によって腹筋が左右に移動し、お腹の中央に筋肉がない可能性があります。

おなかのたるみの戻し方

たるんだお腹の戻し方ですが、自然に戻る場合もありますが、産後の体型の変化に対して、皮膚が戻るための新陳代謝が追いつけなければ、たるみが定着してしまいます。ですので、皮膚の新陳代謝を活発にする必要がありますが、産後すぐに身体を動かすのはNGです。
まず産後1ヶ月は身体を回復させるためにしっかりと休みます。赤ちゃんのお世話はしないといけませんが、それ以外はなるべく安静にしていましょう。身体や心の回復は、産後の生活に大きく関わってきますので無理は禁物です。
出産によって負担がかかった子宮や骨盤底筋、腹直筋離開などが回復してから徐々に軽い運動を始めましょう。帝王切開の場合は、傷口の痛みもあるので、痛みが治まってきた1〜2ヶ月後から身体を動かし始めましょう。

①姿勢を良くする

皮膚の新陳代謝を活発にするには、姿勢に気をつけましょう。
産後は、骨盤が不安定なので姿勢が崩れやすい状態です。そんな状態で赤ちゃんの抱っこや授乳をするので、どうしても猫背の姿勢になりやすくなります。姿勢が悪いと血行が悪くなり、細胞へ酸素や栄養が届きにくくなり、エネルギー代謝が落ちてしまいます。エネルギー代謝が落ちると、体温も低くなり、肌の新陳代謝が悪くなってしまいます。

ですので、背筋を伸ばしたり、肩を開いたりして姿勢に気をつけましょう。姿勢と骨盤は密接な関係があるので、特に産後は姿勢のためにも骨盤を整えると良いでしょう。骨盤を整えることで、姿勢はもちろんですが、代謝やスタイルもキレイになりやすくなるのでオススメです。

②運動で筋力アップ

身体が回復したら、ウォーキングなどの軽い運動や、簡単な筋トレを始めてみましょう。筋力が上がれば、体温もあがりますし。エネルギー代謝が高くなって新陳代謝が活発になります。
筋トレは、だいたい産後6〜8週後から始めましょう。インナーマッスルである腹横筋を鍛えると、姿勢も保ちやすくなりますし、代謝もあがります。
寝転んでヒザを立て、呼吸しながら腰の隙間を埋めるようにお腹に力を入れるのを繰り返すだけでも鍛えることができます。他にも、ヒップリフトは、腰回りやお尻、骨盤底筋を鍛えることができるのでオススメです。

すっきりおなかに♪

いかがだったでしょうか?
産後は、身体も心も疲れている状態なので、無理は禁物ですが、身体を整えるいい期間でもあるので、しっかり回復したあとは自分の身体のケアもしていただけると良いとおもいます。
お腹のたるみもですが、骨盤や姿勢、スタイルが崩れやすい産後は、骨盤を整えながら元気でキレイになって欲しいなとおもいます。カイロサロンてってでは、産後ケアとして施術はもちろん、骨盤体操や筋トレなどのホームケアやパーソナルトレーニングなど、なりたい段階に応じたメニューを用意しています。赤ちゃん連れで安心して過ごせる空間づくりをしていますので、自分の身体の為に是非一度お越しくださいませ♪

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ