ブログ

Blog

リンパの流れと歪み

目次

リンパって何?

よく聞く『リンパ』ですが、リンパってなんなのでしょうか?
どうしてむくみと関係があるのかや、役割などについてみていきましょう。

リンパとは

リンパとは、リンパ管を流れる無色の液体のことです。
リンパ管は血管と同じように全身を巡っていますが、リンパ管自体にはリンパを流す仕組みがないため、呼吸や筋肉を動かすことでリンパを流しています。
リンパの流れは、原則、体の末端から、心臓に向かい、一方向に流れます。

鼠蹊部に流れ込む、腰・お腹周辺のリンパは、一旦鼠径部に向かいますが、その他は心臓に向かって、一方向に流れます。

またリンパには、ポンプ機能がないので、一方向に流れる力を維持する為に、逆流しないように弁が備わっています。そのおかげで、リンパは一方向にゆっくりと流れるのです。

リンパマッサージを受けた時や、自分で足のマッサージをする時にも、この流れに沿ってマッサージしているとおもいます。

リンパの役割

リンパには、免疫と排泄という役割があり、
①ウイルスや細菌、異物などが体内に侵入してきた時に無毒化し、除去する。
②体内で作られる老廃物を回収し、身体の外に排出する
という働きをしています。
免疫を司る細胞は、リンパ節(リンパ管をつなぐ豆のような形の器官)で活動しています。

リンパの流れが悪くなると・・・

リンパの流れが悪くなると、細菌や老廃物が身体に溜まってしまい、

・むくみ
・冷え
・免疫力の低下
・自律神経の乱れ→頭痛やめまい、肩こり、首コリ
・肌トラブル
・下半身太り

などが起こりやすくなります。
リンパの流れが悪くなる原因としては、
・運動不足
・ストレス
・冷え
・食生活の乱れ
・水分不足
などがあります。

身体の歪みとの関係

身体の歪みは、土台の骨盤から始まる場合が多いです。骨盤がゆがむと、背骨もゆがみ、バランスが崩れて姿勢も悪くなってしまいます。それによって、リンパの流れや血液の循環が悪くなりますし、筋肉も正しく使えなくなる、神経の通りも悪くなるので自律神経が乱れやすくなります。
ですので、歪みが起こるとリンパの流れが悪くなってしまうのです。
リンパの流れが悪くなる原因にもなっている自律神経の乱れも出やすくなるため、身体の歪みを整えることはリンパの流れと大きく関わっているのです。

リンパの流れを良くするには?

それでは、リンパの流れを良くするためには何をしたらいいのでしょうか?
まずは流れが悪くなる原因から解消する必要がありますので、
①生活習慣の見直し
②身体のゆがみを整える
次に、スムーズに流れる手助けというところで
③リンパマッサージをする
がオススメです。

①生活習慣の見直し

生活習慣の見直しとしては、
・食生活の改善
〈ミネラルを摂取する〉
ミネラルは別名「無機質」ともいい、体内で合成できない成分です。摂取量の多い「主要ミネラル」と、体内での存在量が少ない「微量ミネラル」に分けられ、リンパ液・血液・細胞液の元になって量の調節などをおこなうマンガンやカルシウムは、主要ミネラルに分類されます。

〈水分を積極的に摂る〉
水分が十分に摂取されていないと、血液やリンパ液の流れが悪くなってしまいます。リンパ液には老廃物を回収する働きもあるので、水分によって流れをスムーズにすることは、老廃物を排出しやすくすることにもつながります。

「水分」というと、お茶やジュースを想像する方もいらっしゃるかもしれませんが、できたらミネラルウォーターを選ぶのがいいでしょう。そのほかの飲み物だと、糖分などほかの成分が含まれている場合が多いので、水分補給には向きません。

〈摂りすぎない〉
アルコールやカフェインを多く含んだ飲み物(コーヒー・紅茶など)には、利尿作用があります。適度な量なら問題ありませんが、それらを飲み過ぎてしまうと、水分が過剰に排出されて脱水状態になる可能性も。

それでは、リンパの流れはおろか、血液の流れが悪くなったり、体温調節がうまくできなくなったりと、さまざまな不調があらわれてしまいます。飲み過ぎには注意してくださいね。

・運動
リンパは筋肉の動きで流れるため、適度な運動をしましょう。
 リンパの流れをよくするには、筋肉と関節を動かすのがいちばんです。仕事中でも一時間に一度くらいは肩を回し
たり、足を上げ下げするようにしましょう。
 身体を冷やすと筋肉が固まって流れが悪くなるので、保温を心掛けてください。また、基礎代謝を上げることが大
切なので、毎日少しでも運動するようにしましょう。ウォーキングなどの有酸素運動や、ホットヨガなどがおすすめです。

・睡眠
リンパは、身体を横にしているときによく流れるので、睡眠環境を整えることも大事です。柔らかい寝具だと、身体の重たい部分=腰が沈んでしまい、正しい姿勢でがなくなってしまうため、硬めで身体が沈み込みにくいものがおすすめです。

他にも、ストレス緩和や冷えの改善のために、お風呂にゆっくり浸かったり、温かい飲み物を飲むなどもいいですね。

②身体の歪みを整える

体の歪みは、日常生活の癖によって起こります。
・足を組む
・横すわりする
・長時間のデスクワーク
・スマホの使いすぎ
・抱っこ、授乳などの姿勢
など、その人の生活習慣によって歪みます。1人1人違うので、まずは自分の体がどういう状態なのかを知る必要があります。そして歪みに合わせた施術を受けたり、じぶんで体を整えるための知識を得ることも大事です。
それは、なかなか自分では難しいので、ぜひ一度歪みや姿勢をチェックしてもらえるところへ行ってみてくださいね。
当サロンも、歪みや姿勢のチェック、施術、体についての知識やアドバイスをさせていただいておりますのでお気軽にお越しください。

③リンパマッサージをする

リンパマッサージを行うまえには、老廃物を流しやすくするためにコップ1杯の水を摂りましょう。身体を冷やさないように常温の水がオススメです。また、食後②時間は避け、お風呂上がりがベストです♪
また、摩擦で肌を傷めないように、マッサージの際はクリームやオイルを使います、
リンパは皮膚から近いところを流れていて、ゆっくり流れているため、マッサージの圧は優しく、ゆっくり行いましょう。

(1) 「そけい部」からマッサージをスタート
足のマッサージは、リンパが上に流れやすいように床に座って行います。足をのばしたら両手を重ねて足のつけ根にあて、手の位置はそのままに、内側から外側に向けて円を描くように5回流します。手の中指が、そけい部の中心に当たる位置にくるようにするのがポイントです。

(2)太ももの内側を流していきます
次に太ももを三等分して、上部から順番に流していきます。矢印の方向に3回ずつ流した後、太ももの内側を通ってそけい部へと流します。

(3)ふくらはぎを包み、下から上へ流れを
続いてふくらはぎのマッサージです。両手で足を包み込んで行い、下から上への流れを作ります。ふくらはぎを三等分して、上部から順番に、両手をあてて各3回ずつ流します。

(4)足全体を包み込むように、そけい部へ
ふくらはぎを流した後は、足首から足全体を両手で包み込むように流して、そけい部へと戻します。足のマッサージでは、最終的に足のつけ根にある「そけいリンパ節」へと流します。足の内側にはリンパ管がたくさん走っているので、足先からひざ下までは両手で包み込むように流し、太ももの内側を通ってそけい部へ流すのがポイントです。

リンパの流れを良くしてスッキリ!

いかがだったでしょうか?
リンパの流れを良くすると、むくみだけでなく様々な部分で良い変化かあります。今むくみがあるなと感じているかたは、原因から見直してみると、自分の体と向き合うきっかけになるとおもいます。
自分で改善していくのが難しいというかたは、ぜひ一度当サロンへお越しください!リンパの流れだけでなく、身体について色々お話&身体の状態に合わせた施術&アドバイスさせていただきます♪

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ