ブログ

Blog

正しい姿勢のために必要なこと

あなたの姿勢は良いですか?と聞くと、多くの方が『猫背で…』などと言われます。姿勢は痛みや不調、スタイルやお肌などにも関係してくるので、姿勢を正しく保つことが重要です。それでは、どうしたら正しい姿勢をキープできるのでしょうか?

目次

正しい姿勢とは?

他の人をみていて、「姿勢が良いな」「姿勢がわるいな」とおもうことはありませんか?
見るだけでなんとなく分かるのですが、では良い姿勢=正しい姿勢はどういった状態なのでしょうか?

正しい姿勢とチェック方法

正しい姿勢とは、
①横から見て、くるぶし→股関節→肩→耳 が下から一直線になっている状態です。
また、手の中指がパンツの折り目にある状態です。

②正面から見たときに、耳や肩、腰骨の位置が左右で同じ高さである状態です。

それでは、今の姿勢が正しい状態かどうかチェックしてみましょう。
〈壁立ちで姿勢チェック〉
壁を背にして立ち、かかと、お尻、肩、頭、ふくらはぎを順番につけていきます。また、腰の後ろに手の平を差し入れてみましょう。手の平1枚分くらいのすき間が空くのが理想です。どこか1箇所でも壁につかない場所がある人は姿勢が悪い証拠です。
骨盤が前傾、または後傾している状態だと、腰の隙間が手のひらよりも少なかったり、大きすぎたりします。
また、壁に身体をつけた状態が辛いと、正しい姿勢がキープしずらいということにもなります。


〈鏡でチェック〉
姿見で全身を写します。楽に立った状態で、
・左右の肩の高さが違う
・手の甲が見えている
などが当てはまると、骨盤の左右の高さが違っている可能性が高くなります。
また、手の甲が見えているということは、肩が内側に入ってしまっている(巻き肩)ということになり、猫背や肩こりの原因になります。

今の姿勢を作っている原因

普段の何気ない行動が骨盤(骨格)のゆがみに繋がっていることがあります。
こんなポーズや生活習慣に心当たりはありませんか?

・足を組んで座る、横座りをする
→無意識にやってしまう人が多い、足を組むポーズや横座り。楽な格好でもありますが、やはり重心が偏り、骨盤が歪んでしまう原因になります。

・片足に重心をおいて立つ
→立ち仕事や信号待ち、電車の中など、ついどちらかの足に重心をかけて立っていませんか?重心が偏ると、自然と骨盤がゆがんでしまうことになります。

・柔らかいベッドやソファでくつろぐ
→柔らかいベッドやソファで長時間くつろぐと、常にお尻が沈み込んだ状態になり、背骨のカーブがなくなってしまいます。

・腰や背中が丸まった状態で長時間座る
→仕事などでデスクワーク・パソコン作業などをする人によく見られる姿勢です。腰が丸まった状態だと背骨の反りがなくなり、猫背の状態になってしまいます。

・肘付きや肘枕をよくする
→このポーズも、片足に重心をおくのと同様にどちらかに重心がかたよってしまいます。肘枕で足を交差して寝転ぶのもNGです。

・スマホをみる
→手元のスマートフォンを見るために自然と顔が下を向き、頭が前にいきすぎて、バランスがとりづらくなります。肩こりや頭痛の原因にもなります。

・いつも同じ側の手でバッグをもつ、肩にかける
→いつも同じ側の手や肩にバッグを持つ・掛けると、筋肉の左右のバランスが崩れ、歩く姿勢までゆがみます。

・産後
→赤ちゃんを抱っこするときは、片腕で抱き、腰に乗せるようにして、もう片方の腕で作業をすることが多くなります。重心が傾き、骨盤がゆがむ原因になります。

姿勢は骨盤が大事!

上記のような習慣があると、骨盤が歪んでしまいます。骨盤は身体の中心にある『土台』なので、骨盤が歪むと背骨も歪み、筋肉や関節のバランスが崩れて姿勢も悪くなってしまうのです。

姿勢が悪くなると、
・見た目が良くない、老けて見える
・肩こり、腰痛などの痛み
・頭痛、胃もたれ、生理痛、便秘などの不調
・二重あごや下腹ぽっこり、下半身太りなどのスタイルの悪化
・太りやすくなる
・免疫力の低下、自律神経の乱れ
・たるみやしみ、シワなどの肌トラブル&老化
など様々な部分に悪影響を及ぼします。

正しい姿勢にするには?

姿勢が悪いということは、見た目だけでなく、痛みなどにも関係してくるため、正しい姿勢になりたいという方はとてもお多いです。それでは、どうしたら正しい姿勢を作ることができるのでしょうか?

まずは、骨盤の歪みを整えることが必要となってきます。簡単に言えば、歪みやすい習慣(例えば足を組む)をしなければ良いのですが、ゆがみが起こってしまっている今の状態から、いきなり全く足を組まない、というのは想像以上に難しいのです。今の身体の状態だから足を組むのが楽になってしまっているので、その習慣を無くそうとするためには一度骨盤の歪みをリセットしなければならないのです。

骨盤の歪みをリセットするには、骨盤の位置を正しいところに戻すための施術などが一般的に知られています。当サロンでも、まずは骨盤のゆがみを整えてから他の部分の施術を行っていきます。この施術の役割としては、自分でとることのできないゆがみを整える、というものになります。

ですが、施術は一回受けたらそれで良いというものではありません。人間は毎日歪んでいくため、数日でもとのゆがんだ状態に戻ってしまうのです。そこで、当サロンの行っている『カイロプラクティック』では、自分で正しい状態を作る、キープしていく方法も一緒にお伝えしているのです。

生活習慣が重要

姿勢が悪くなる原因にもあったように、何気ないポーズや習慣はその人の生活習慣によって違います。生活習慣の中で改善していかないといけない部分を見つけて変えていくことが正しい姿勢を作る近道となります。施術とともに、生活習慣を改善していくことで姿勢を良くしていきましょう。

人間は誰でも
①食べる
②動く
③寝る
ことしかしていません。この3つが正しく行われていれば姿勢が悪くなることはないのですが、それができていない方がほとんどです。1つずつ見ていきましょう。

①食べる(栄養)

普段の食生活では、栄養バランスを意識していますか?
たとえ意識していたとしても、苦手な食べ物があったり、気をつけたくても仕事などの関係でできなかったり、気をつけていても摂りきれていない場合があったりします。
たとえば、ダイエットするときには糖質と脂質を控えてたんぱく質やビタミン・ミネラルなどを多めに摂るほうがいいといわれていますが、正しい姿勢のためにも必要な栄養素があります。それは、骨や筋肉・関節の質を良くするためのカルシウムや軟骨成分などです。施術などでゆがみを整えても、身体の中身が悪ければ定着しにくいため、積極的に摂取してほしい栄養素です。
これは、食べ物で補おうとしてもなかなか補いきれなかったりするので、足りない場合はサプリメントで補うほうが効率が良いかもしれません。

②動く(運動)

健康のためには適度な運動が必要なのは誰でも知っていることだと思います。もちろん、ウォーキングやジョギングなどを習慣にされるのは素晴らしいことですが、それが身体のゆがみを整えるための運動かと言われれば、そういうわけではありません。姿勢を良くするためには、骨盤や背骨のゆがみを整えられる運動は必要なので、簡単な骨盤体操を習慣にしましょう。短時間で簡単なので習慣にしやすいです♪
他にも、姿勢を保つための体幹筋(身体の中心にある筋肉)を鍛える運動や筋トレも希望に応じて指導させて頂いておりますので、興味がある方は是非お問い合わせください。

③寝る(睡眠)

人間の身体は、日中にゆがみが起こります。日中の姿勢やクセで骨盤がゆがみ、姿勢が悪くなってしまいます。
そのゆがみは、本来なら夜寝ている間にリセットできます。その方法がなにか分かりますか?
答えは『寝返り』です。寝ている間に2〜30回寝返りをすると歪みをリセットできるといわれています。
また、寝ている間に正しい姿勢を保つことで、身体を回復させたり、自律神経・ホルモンバランス、ストレス緩和、免疫アップ、痩せやすい身体づくりができます。ですので、質のいい睡眠とは、
①正しい姿勢を保てる
②寝返りしやすい
③適度な睡眠時間
④睡眠環境を整える
が必要となります。

どういった寝具や環境が理想的かの提案もさせていただいております。

正しい姿勢をキープして健康美を目指そう!

いかがだったでしょうか?
正しい姿勢を作りキープしていくには、施術に通うだけでなく、自分で生活習慣を整えていくことが必要だということがわかりましたね!自分の意識次第で身体は変わります。まずは自分の身体と向き合って、理想の自分になりましょう♪そのためのお手伝いは精一杯させていただきますので、二人三脚で頑張っていけたらなと思います。是非一度カイロサロンてってへお越しくださいませ!

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ