ブログ

Blog

冬に向けて代謝を上げよう

気温が下がり、肩をすくめる姿勢が多くなる季節になってきました。その姿勢、実は代謝が下がる姿勢なんです!代謝を上げて体を温めるには何をしたらいいのっでしょうか?

目次

冬は猫背になりやすい?

冬は、肩をすくめる姿勢が多くなります。また、寝ている時も、横向きで体を縮めて寝る方が多いのではないでしょうか?
もともと、人間が何か作業するときは、体の前ですることがほとんどなので、肩が内側に入って猫背になりやすいのですが、それに寒さが加わると、肩をすくめてより猫背になりやすくなります。
起きている時も、寝ている時も体を丸めた状態がつづくと、猫背がどんどん定着してしまいます。

猫背になると代謝が下がる?

そんな猫背ですが、猫背になると基礎代謝が下がってしまうって知っていましたか?
その理由は、猫背になることで呼吸が浅くなり、肺に十分な酸素が送られないことから、内臓機能が低下することで代謝が下がります。また、猫背になると、肩甲骨の動きが悪くなるため、肩甲骨の内側にある「褐色脂肪細胞」が刺激されなくなり、代謝の低下につながります。

猫背による影響

代謝が下がる以外にも、猫背になると様々な影響が出てしまいます。
骨盤のゆがみにつながることから、肩こり以外にも、
・腰痛
・膝痛
・首コリ
・頭痛
・胃もたれ
・便秘
・生理痛
・下腹ポッコリ
・二の腕ふりそで
・おしり垂れる
・二重あご
…など、痛みや内蔵の不調、スタイルにも影響がでてしまうのです。

猫背解消のためには

様々な悪影響がある猫背は、代謝を上げるためだけではなく、解消していかなければならないことです。
猫背解消のためには、
・姿勢をよくする
・肩を開く、肩甲骨を動かす
ことが必要となってきます。

姿勢をよくする

猫背の姿勢を変えていくには、まずは体の中心にある骨盤のゆがみを整えることが大事です。
骨盤がゆがむと、背骨もゆがんでしまい猫背になりやすくなります。
骨盤がゆがむ原因は、日常の癖(横座りや足を組む、ソファにダランと座る、パソコン・スマホの使いすぎなど)なので、そのゆがみを施術で整える+生活習慣を改善することで自分でゆがみをリセットしたりゆがみにくくすることが必要です。
そのためには、自分のからだの状態を知ることが大切なので、ゆがみや姿勢のチェックをしてみましょう。
当サロンでは初回にしっかり体の状態を検査しますよ♪

肩を開く、肩甲骨を動かす

つぎに、肩を開くこと・肩甲骨をしっかり動かしましょう。
常に前で作業しているため、肩を開くということをほとんどしていません。ですので、肩を外側に回したり、胸を張って肩を開くように心がけましょう。その時に、左右の肩甲骨を寄せるように意識するとより良いですね。

肩甲骨を動かすことは、肩甲骨の内側にある「褐色脂肪細胞」を刺激することで代謝を上げたり、脂肪燃焼効果があるため、しっかり肩甲骨を寄せるようなストレッチや体操をしましょう。すこし行うだけでも、体温が上がりやすくなりため、冬には特にいいですね。肩甲骨を動かしたり、肩を開く・骨盤を整えるなどが一緒にできる骨盤体操を知りたい方は是非当サロンへお越しください♪

冬でも活き活き、太りにくい体へ!

いかがだったでしょうか?
とくに猫背になりやすい冬は、しっかり対策して代謝を上げていくことが大事です。猫背の解消は、体全体を元気にすることもできるため、できることから始めてみるといいですね!
猫背の解消について、より詳しく、自分の体にあったやり方が知りたい方は、ぜひ一度サロンへお越しいただければと思います。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ