ブログ

Blog

ぽっこりお腹は歪みから!

ぽっこりお腹が気になっている方は多いのではないでしょうか?痩せていても下腹はぽっこりしている人もいますよね。それは原因が歪み(姿勢)だからなんです。ぽっこりお腹を解消するには?のお話です。

目次

ぽっこりお腹を解消するには?

体型で1番気になっていると言われるのが下腹のぽっこりです。若い時からずっと気になっている方もいらっしゃいますし、産後から気になる方も。痩せていても下腹はぽっこりしていて何とかしたい!という方もいらっしゃいます。
太ってしまったことが原因なだけではなく、歪み(姿勢の崩れ)も大きく関係しているんです。なので、ただダイエットするだけではなくならない部分なんですね。
それでは、どうすればぽっこりお腹を解消できるのか、原因や解消方法について説明していきます。

原因①歪みによる姿勢の崩れ

身体が歪むと姿勢も悪くなってしまいます。
骨盤(身体の土台)が歪む
    ↓
背骨(大黒柱)が歪む
    ↓
身体のバランスをとる為に姿勢が変化(悪く)なる
    ↓
キレイなスタイルを保つための筋肉を使えなくなる
    ↓
下腹ポッコリ、二の腕ぷるぷる、お尻・胸が垂れるなど体型が崩れる

他にも、代謝が悪くなったり肌荒れしやすくなったりと、とくに女性には姿勢が崩れると見た目も理想と離れて行ってしまいます。

原因②筋力の衰え

ぽっこりお腹は、ただ食事制限するだけのダイエットでは解消されません。
ぽっこりは、脂肪の場合もありますが、内臓周りの筋肉の衰えが原因だからです。
とくに関わりが大きいのが『インナーマッスル』と言われる、体幹筋です。
お腹をぐるっとコルセットのように包んでいる『腹横筋』と、ハンモックのように下から内臓を支えている『骨盤底筋郡』を鍛えてあげることが重要です。
腹横筋や骨盤底筋郡は、加齢とともに衰え、出産経験があるとより衰えやすくなるので、産後にぽっこりお腹が気になる方も多いんですね。

原因③脂肪、冷えやむくみ、便秘

ぽっこりお腹の原因としては、他にも食べ過ぎによる脂肪の場合や、便秘でぽっこりしている場合、冷えやむくみで水分が排出されずに溜まっているなどがあります。

解消法①歪み(姿勢)整える

ぽっこりお腹を解消する方法として、筋トレなどで鍛えることから始める方が多いですが、まずは身体の歪みを整えてからトレーニングすることで必要な筋肉を上手く使えるようになります。
歪みを整えていく過程で、硬くなってしまった筋肉を緩めたり、関節の動きを良くするので、トレーニング中に怪我や痛みが出にくくしてパフォーマンスを上げることができます。

解消法②お腹周りの筋力アップ&ストレッチ

ぽっこりお腹解消のためには、まずはインナーマッスルを鍛えてあげる必要があります。
プランクなどの体幹トレーニングから始めて、少しづつお腹周りの筋力アップしていくといいですね。最初からハードに初めてすぐにやめてしまうよりは、毎日5分でも習慣にしていくことが大切です。
日常生活のなかでも、呼吸の仕方を意識するだけでも変わるのでコツコツと始めていきましょう。
また、筋トレなどで鍛えるだけでは、筋肉のしなやかさがなくなってしまうので、トレーニングの後には、お腹を伸ばしたり背筋の動きをつくってあげるようなストレッチをするのがおすすめです。

解消法③生活の見直し

便秘や冷えなどもぽっこりお腹の原因になるので、食生活で食物繊維を多くとったり、温かい飲み物を飲む、トレーニングする場合はたんぱく質を多めに摂るなどの、内容の見直しをするといいですね。
シャワーで済ませずに湯船に浸かるなどもおすすめです!

スタイルアップの近道は歪みから!!

ぽっこりお腹は、簡単には解消しにくい部分と言われています。なので、少しづつ運動を取り入れながらストレスをためないようにしていきたいですね。
ぽっこりお腹だけでなく、体型の崩れは歪みからなので、今の体型を変えたいと思っている方は、まずはどうしてその体型になってしまったのかを知って、原因を解消して効率よく変えていくといいですね。
当サロンでは、体型のお悩みに合わせたトレーニングなどのアドバイスもさせていただいていますし、本気でやりたい方向けに、歪みを整えてからトレーニングしていくパーソナルトレーニングコースもありますので、気になる方はお問い合わせくださいね♪

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ