ブログ

Blog

スマホ首に注意!

肩こりや頭痛の原因は首の場合があります。最近はスマートフォンを使うときの姿勢が関係していることも多いです。首が歪むとどうなるのかを話していきます

目次

正しい首の形は?

まずは正しい首の形がどういうふうになっているのかを見ていきます。
背骨はS字を描いてカーブしています。首の弯曲(前に出ているカーブ)、背中の弯曲(後ろのカーブ)、腰の弯曲(前のカーブ)でS字を作っていて、首と腰のカーブと背中のカーブが引っ張り合って姿勢を維持しています。

なので、首は前に弯曲している状態が正しい形なのです。

スマホ首とは?

スマホ首という状態は、うつむいて物事をするときにとる姿勢で、うつむく状態を長く、頻繁に行うことで首の形が真っ直ぐになってしまうことを言います。
スマホの使いすぎだけでなく、長時間前傾姿勢でモニターを見るデスクワークや、授乳や抱っこでうつむく時間が多い場合も起こります。

どんな症状が出るの?

スマホ首(首の形がまっすぐ)になって起こる症状はたくさんあります。
首は頭を支えていますが、頭はボウリングの球くらい重たいので、少しでも前に出てしまうと首や肩に負担がかかります。なので、
・肩こり
・首コリ
が起こりやすくなります。
また、背骨を構成している首(頚椎)は、神経伝達とも深く関わっているので、
・頭痛
・眼精疲労
・めまい
などを引き起こす原因にもなります。

他にも、首の形が無くなるということは、背骨全体のバランスが崩れることに繋がり、姿勢自体が猫背になりやすくなり、
・腰痛
・背中の張り
・胃もたれ
・膝痛
などなど、全身の症状が起こる場合もあります。

美容的にも、顔が前に出ることで
・二重あご
になりますし、血流や栄養を運ぶことができなくなるので
・たるみ
・シワ
・シミ
・血行不良
・くすみ
などの影響がでてしまいます。

改善方法

スマホ首の改善方法としては、まず首の形を作ってあげる必要があります。
スマホ首が定着してしまうと、背骨自体が歪んでしまっているので、首だけでなく土台部分の骨盤の歪みから整えて全体の調整をします。
身体は連動しているので、骨盤の歪みを整えただけでも肩の張りや首の凝りがとれてしまう場合があります。当サロンでは初めての施術は骨盤中心の内容なのですが、触ってないのに肩や首が変化する場合がほとんどです。
ですので、骨盤の調整をした上で首の形を作ってあげます。

他にも、家や仕事中にできる体操で自分で調整することもできますし、寝ている時間に寝具やまくらを使って首の形を作ってあげることも重要です。

予防としては、スマホを見るときの体勢を工夫すると首への負担が軽くなります。
うつむく姿勢が良くないので、スマホを持っている側の肘を反対の手で支えて、目線の先ににスマホが来るようにします。
少し変わった姿勢になってしまいますが、首のためにやってみてくださいね!

少しの意識で変えられます!

いかがでしたか?
首はとても重要な部分です。首が歪むと全身の歪みにも繋がりますし、歪みによって頭痛や肩こりが頻繁に起こると日常生活にも支障が出ますよね?
便利で気づくと長時間見てしまうスマートフォンだからこそ、使い方には気をつけていただきたいです。また、デスクワークや育児中の方はなかなか環境を変えることが難しいので根本的な解決とはいかないかもしれませんが、症状を和らげたりする方法はありますので、お悩みの方はぜひ一度ご相談くださいね(^^)

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ