ブログ

Blog

そのめまい、歪みが原因かも?

お客様の中には、頭痛とともにめまいがある、という方がいらっしゃいます。めまいの原因には様々なものがありますが、身体の歪みが関係している場合もあります。めまいの種類や症状、原因と対処法についてお話します。

目次

めまいってなに?

めまいは平衡感覚の障害です。
耳の奥には内耳の一部で「前庭」や「三半規管」とよばれるところがあり、身体の平衡感覚をつかさどっています。
内耳の障害でその機能に影響がでるとめまいが起こります。
また、小脳・脳幹の障害でもめまいが起こることがあります。
動悸や立ちくらみ、低血圧などによってフラフラしたりするのはめまいとはちがいます。

めまいには、大きく分けて「中枢性めまい」と「末梢性めまい」があります。

中枢性めまい

中枢性めまいの特徴は、
・主に脳幹・小脳の障害(神経内科、脳神経外科)
・めまいは軽く、ふわふわ浮いた感じ、ふらつき、動揺感などがある
・舌のもつれ、物が二重に見える、意識消失、強い頭痛などがある
・頭の位置を変えても、めまいの程度は変わらない
・目を開けていても体のバランスがとりにくい
・症状の自然軽快は少なく、長引くことがある

このような症状が続く場合は、脳の障害(脳出血、脳梗塞、脳腫瘍など)が原因となっていることが考えられるので、早めに脳外科等の医療機関の受診をしましょう。

末梢性めまい

末梢性めまいの特徴は、
・主に内耳の障害(耳鼻咽喉科)
・めまいは強く、ぐるぐる回る事が多い
・めまいとともに、耳鳴り、難聴、耳がふさがった感じがすることが多い
・頭の位置を変えるとめまいの程度が変わる
・目をつぶったとき、身体のバランスがとりにくい
・症状は数時間(数分のことも)から数日で軽快する

があります。末梢性めまいは多くの場合、身体の平衡感覚を司っている内耳の不調により左右の三半規管のバランスが崩れて起こります。また、寝不足やストレスなどによる自律神経の乱れが原因となる場合が多いです。

良性発作性頭位めまい症(末梢性めまい)

頭を動かしたときに短時間の回転性めまい(ぐるぐるまわる)が起こる。
寝返りなど、頭の位置を変えたときに限って数秒〜数十秒起こる。

原因は、耳の奥にある耳石器という部分あたりの異常や、三半規管の中に浮遊するゴミ(耳石のかけら?)の刺激という説もある。

対処法としては、めまいの起こる体位を繰り返したり、座る・横になる・顔を傾けるなどの動きで三半規管に迷入した耳石を移動させるなどの方法があります。

メニエール病(末梢性めまい)

メニエール病は、前庭の中の内耳にリンパ液が溜まりすぎて起こるといわれています。
症状は
・回転性のめまい
・耳鳴り(めまいが起こるときのみ)
・難聴(めまいの間聞こえにくくなる)
の3つが同時に起こります。何時間か続くことを繰り返し、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。何回も繰り返すと耳が聞こえにくくなってきます。

原因としては、精神的・肉体的なストレスにより自律神経が乱れ、内耳にむくみ(内リンパ水腫)が起こるためといわれていますが、詳しい原因はわかっていません。

対処法としては、内リンパ水腫の改善のために利尿薬が使われたりします。また、自律神経を整えるために睡眠不足やストレスをためないように生活を改善していきます。

前庭神経炎(末梢性めまい)

前庭神経炎は、ある日突然激しい回転性めまいが起こる病気です。
強い吐き気や嘔吐を伴い、めまいは数日続き入院になる場合も少なくありません。ふらつきや、身体がふわふわうくようなめまいが数ヶ月続くこともあります。

原因としては、風邪のウイルスが平衡感覚を司る前庭神経を麻痺させるためと言われていますが、詳しい原因はわかっていません。

治療は、安静にすることが一番で、できるだけ頭を動かさずにめまいが落ち着くまでは安静にします。

更年期によるめまい

めまいは女性に多く、加齢によって増加します。歳を重ねることで脳の働きの低下とともに平衡感覚も衰えるため、更年期時期にめまいの症状を訴える方もいらっしゃいます。
ただ、更年期の症状は様々あり、めまいも更年期障害の一つとして考えてしまいがちですが、メニエール病や良性発作性頭位めまい症などの病気である場合もあるので、めまいの症状が長引く場合には一度医療機関の受診をしましょう。

頚性めまいとは?

上記のめまいは、脳や耳、加齢などが原因でしたが、首のゆがみによっておこるめまいが頚性めまいです。

頚性めまいのセルフチェックリストで、起こっているめまいが頚性なのかどうかチェックしてみましょう。
・首や肩がこっている
・パソコンを使った仕事が多い
・睡眠不足が続いている
・スマホを長時間使っている
・運動不足が続いている
・緊張や神経を使う日々が続いている
→2個以上当てはまっていると頸性めまいの可能性が高くなります。

頸性めまいの原因としては、
・怪我による頚椎の損傷
・首に負担がかかる姿勢を続けている
・ストレス
があげられます。

また、発症しやすい人は
・デスクワークの人
・パソコン作業が多い
・スマホを長く使う
・身体を動かすことが少ない
・肩こりが酷い
・冷え性
が当てはまる方です。

症状が、軽いめまいや肩こり程度でしたらストレッチなどのセルフケアで改善していくことも可能ですが、一週間異常めまいが続くなどの症状が思い方は「頚椎椎間板ヘルニア」の可能性もありますので医療機関の受診をしたほうがいいでしょう。

「頚椎椎間板ヘルニア」は、背骨の骨と骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板が変形することで、周辺の神経を圧迫してしびれなどの様々な症状が出るものです。

症状が軽い場合は、悪い姿勢を改善していくこと(特に首)が必要となってきます。

首の歪みを整えるには?

首の歪みが原因でめまいが起こっているわけですが、首の歪みがあるということは体全体に歪みが起こっていて姿勢も悪くなっているということです。
めまいがする、頭痛がある、首が痛い、肩がこるなどの症状がある方は普段自分の姿勢が悪いと感じていませんか?他の人から姿勢が悪いと言われたことはありませんか?身体は連動してバランスをとっているので、首だけではなくまずは身体の土台の骨盤から整えていく必要があります。

そのためには、自分の今の身体がどう歪んでいるのか、どんな姿勢になっているのかをしって、適切に整えていかなくてはいけません。

ですので、おすすめなのがカイロプラクティックです。
問診で生活習慣を聞き、歪みや姿勢のチェックをして、施術で身体の変化を見ていきます。それから、何をしていけばいいのかを説明させていただくので、とてもわかりやすいです。
セルフケアやホームケアについてのアドバイスの行いますので、自分で歪みをととのえることもできます。

自分のめまいを知りましょう!

いかがでしたか?
めまいには様々な原因のものがあります。病院に行って治療しなくてはならないものもありますし、自分でケアすることができるものもあります。まずは自分のめまいがどのようなものなのかを知ることが必要です。
最近はスマホの使いすぎによるめまいも増えています。この姿勢や首の歪みによるものは、身体を整えていけば改善できるかもしれません。もしもご自身の症状が首から来ているのかな?と思われた方は、ぜひ一度当サロンへお越しくださいね!

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ